スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

絆とは?

昨年の漢字は「絆」

東日本大震災の復興の合言葉的な言葉も「絆」



さて、「絆」の語源は何か?

糸の半分で「絆」


もともと絆の語源は馬などの家畜を綱でつなぎとめると言う意味らしい。

もっと悲惨な言い方では馬などの家畜を半分にし、糸でぐるぐる巻きにするほど拘束するという意味もあるらしい。


拘束すること。


昨年末の漢字は「絆」

切っても切れないほど拘束する事と考えれば、瓦礫を受け入れない日本国民はどうかと考えるところだ。



9月からある仕事で大船渡市→南三陸町→会津若松に自治体を移した富岡町へ訪問した。

大船渡市と南三陸町では瓦礫の山が目に付いた。

会津若松では放射線量を感じた。


「絆」を主張したのなら絆に従うべきであろう。瓦礫の山や放射能からは逃れられないのが日本国民である。




さて、「絆」は近年、人と人との繋がりと言う意味もあるらしい。

「絆」を昨年末の漢字とした経緯はそういう意味で採用した経緯が大きいとは思う。



綺麗な言い方をすれば糸は1本ではキレやすいが、半分にして縁れば、また縦横で編み込めば布となる。

とても丈夫になる。



人と人の繋がりは家族で例えるなら縦の糸は父や母、子や孫、祖父や祖母そしてその家族。

横の糸は配偶者やその家族など。

核家族で解決できない問題もそこまで頼ればなんとかなる。

そしてそいう繋がり=絆で結ばれているのが人間である。


社会組織ととらえれても一つの事業所ではどうにもならなくとも、本社や関連会社、他の事業所と「絆」を持ては何とかなるかもしれない。


こう言う時代だからこそ、やはり「絆」は必要ではないだろうか?

悪い言い方をした拘束でも良いから、絆は必要である。



繰り返す。

昨年末の漢字は「絆」、また「絆」を訴える広告、語る人が多い。




本当に絆を大切に考える時期である。
スポンサーサイト
プロフィール

aikentetu

Author:aikentetu
愛犬てつの部屋へようこそ!

こっちにおいで愛犬てつ

こっちにおいで愛犬てつ

価格:6,825円(税込、送料別)


にほんブログ村 小説ブログ ホラー・怪奇小説へブログランキング・にほんブログ村へ
↑てつですがポチ応援よろぴく↑
FX運用ブログ
柴犬愛犬てつ3.0へGO!

環境充実
NEC Direct(NECダイレクト) 映画館で並ばずにチケットが買える! ENOTECA Mobile(ワイン通販 エノテカ・モバイル)【携帯向けサイト】  iTunes Store(Japan)
最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
小説・文学
6051位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
ホラー
24位
アクセスランキングを見る>>
楽天
RSSリンクの表示
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。