スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

年上女房(マー君&里田米さんお幸せに!)

会社員Tの話は一回投稿したところで終了かと思われた方も多いかと思いますが、その会社員Tが生まれるまでのお話し「会社員T-0」(かいしゃいんティーハイホンゼロ)と言う物語があった。

会社員Tは今勤める会社にはいったきっかけは、学生時代のバイト先、スーパーマーケットでその会社の機械があったからだという。

アルバイトTはバイト仲間の中でも唯一の理系大学生、機械系のトラブルも社員が対応できなくともなんとかこなしていたらしい。

スーパーにいる女性は基本はパートのおばちゃん。続いて地方出身のレジ係の若い女の子。そしてそのスーパーの本部がアルバイトTが務めるスーパー店舗の上にあったそうで、いわゆる大学でのOLが居たそうです。


今はスーパーって365日無休で24時間営業までありますが、今から20年も前のお話し、10時OPENで19時には閉店、月に1回くらい休みがありました。

その年に2回の休日は本部の方も暇なバイトも一緒にレジャーに出かけていました。

本部の下の店舗だったのでレジ係の若い子も結構かわいい子が多かったそうです。また男性も将来本部へ行くような期待の新人が多いお店だったそうです。




T君がバイトを始めて初めての夏、みんなで海へ行こうという事になったそうです。

T君は大学のサークルのかわいい子と映画でもと思っていたらしく、直前まで参加の意思を示さず、海行きのバスに乗れなかった。

しかし当日、自分のバイクで一緒に行く事としたそうです。

そして同日、海は楽しかった!行きも帰りもバスを後ろから憑いていき、バスの後ろにはレジ係の女の子たちがずーっと手を振り見ていてくれた。至福の時でした。

T君は高校時代の登校時にクラスの女の事に手を振って「T君おはよー!!!」って言ってくれていたころを思い出したそうです。至福の時でした。




そんな出来事の終日後、本部のOLでとても綺麗な女性がいらして、T君にとっては高根の花、次元が違う方がおりました。

その方から声をかけられたとの事。それから数日、納品口と言う密会の場所があり、パートのおばちゃん方から噂になるほどOLさんとお話しする機会が増えたそうです。



時期は夏から秋、秋から冬へ移行します。

その年のクリスマス、T君は大学生、サークルのかわゆい子からも無視!バイト仲間のかわゆい子も彼氏居るから!と断られ、レジ係の社員さんからもT君軽いから!、パートのおばちゃんからも「無理よ!旦那いるから!」とさみしいクリスマスイブを迎えるかなぁ?っと思っていたそうですが・・・・。

土壇場の23日、その綺麗なOLさんからまさかのお誘い。そのスーパーの親会社のクリスマスケーキを予約してあるからお家に来ないというお誘いでした。

そのスーパーでバイトは終え、バイトですから最後まで(その当時は19時ころかなぁ?)仕事して、本部のOLさんなので17時には仕事おえられていましたが、待っていてくれて、一緒にバイクで彼女のお家へ帰宅しました。との事。

至福の時でした。

結構綺麗系で男性社員にモテモテでしたが、年下のかわゆい男の子が好きだとの事。

彼女26歳、T君19歳の時でした。





それから数回デートを重ねました。

しかしながら、T君は年の差を感じ、デートの都度、お金を払おうとしても全て払ってくれる。自分が駄目になる気がしたそうです。

また、なぜ立派な本部の独身社員がいっぱいいるのにこんな僕に!と言うのが一番気になったそうです。

たしかに社員の色男からはやっかみを言われたり、意地悪をされたりしたそうです。がその意地悪は特に気にはならなかったそうです。





T君から時間がOLさんとの距離を離していったそうです。


大学4年の時、そのバイト先からも誘われたのですが、そのスーパーで使っていた機械メーカーに就職が決まり、T君からもOLさんを避けるようになったそうです。

そして自然消滅。




今、T君は思います。妻と子が居るそうです。妻は一つ年下。

マー君と里田さんのニュースを見ながら「年上が良かったかなぁ?」と僕の隣でビールを飲みながら語りだしました。

付き合っているときは本当に楽だったそうです。

全てやってくれたそうです。

泊ると着替えが買ってあり、夕飯はあり、朝は弁当を作ってくれたそうです。

肩も揉んでくれたそうです。




自分が駄目になると感じたそうです。

でも今思います。年上も良かったかなぁ?と。との事です。




にほんブログ村 小説ブログ ノンフィクションへ
にほんブログ村


にほんブログ村 小説ブログ ホラー・怪奇小説へ
にほんブログ村


にほんブログ村 小説ブログへ
にほんブログ村













スポンサーサイト

会社員T(始まり)

会社員Tはしがないサラリーマン、何処にも居そうなサラリーマン、リーマンブラザーズにやられましたが。

そのサラリーマンである会社員T君のお話であります。

まず入社試験の時から物語りは始まります。



Tは理系の三流大学出でありました。

時代は未だ昭和、思い起こせば昭和天皇が下血され死去された年度の春に入社。バブルも終わりにちかずき、世の中が天皇の死去を境に下り坂になる直前に彼は今も勤める会社に就職しました。

当時は三流大学でも理系はもてはやされ、東芝や日立など優良企業の関連子会社へは内定をいくつも取ったそうです。

ただ地元のお菓子メーカーはそう言う次期、東大や京大の優秀な人材しか採用していなく、企業訪問はしたのですがお菓子いっぱいもらい、丁重に面接・入社試験もお断りされたそうです。(正確には受けても良いけどT君の大学じゃね?って感じだったそうです。)




そんな中、中堅未上場で凄く人事担当が厳つく、また平気でひとにタバコの煙を吹きかけるような企業を訪問したそうです。

ただ本社は銀座にあり立地条件は非常に良く、入り口はホテルの入り口のようにカッコよく(回転扉)、内容はある分野で95%のシェアを誇っており関心がありました。

と言うよりも大学時代にバイトしていたスーパーマーケットでその会社の機械を使っていたのですが、壊れて技術マンを呼んだとき、一瞬で直してしまった。

その技術力にこの会社は大きくなるとT君は思ったそうです。




そんなこんなで東芝とか日立の関連子会社の内定があったのですが、その会社の面接・試験も受けたそうです。

彼が覚えている試験はクレペリン検査(適性検査)だけだったそうです。

そして、面接は会長・社長・専務を前に受けたのですが、勝手に専務がひとりで「人間の脳は偉大なんだ。殆ど死ぬまでに全部使えない。引き出しがいっぱいあるが殆ど使わずに終っちゃうんだよ!」みたいな事を15分くらいしゃべって、一方的に終ったそうです。

終った後に試験の前のひとと、後ろの人に聞いてみたそうですが、ちゃんといろいろ聞かれて普通の面接だったそうです。

そこからしてT君の場合は違ったようです。



数日してその会社の人事課から電話が来ました。

合格との連絡。



東芝や日立の子会社も捨てがたかったのですが、人事課の態度が非常に気になり、その他の人事課の方は非常に丁寧で親切だった半面、凄すぎたので、面白そうであった為、その会社へ入る事にしたそうです。



そして内定通知を受け取り、今後のスケジュールを見ると、

3/31 入寮式(地方の方のみ)
4/1 入社式
4/1~7 代々木オリンピックセンターで研修
4/7 最終日は九十九里浜でフルマラソン

*未だ時間がありますので体力つけておく事。



九十九里浜? フルマラソン?

何のこと。





会社伝統なんだそうです。その当時。今は24時間テレビでもないのにそんなことしなければ入れない会社なんて!って事でやっていませんが。


必死に入社前に走りこんだそうです。








そして3/31、入寮式

ただの飲み会、しかも歓迎と言う名の新人いじめの飲み会だったそうです。

T君は酒が好きでしたのでこんな至福の時は無かったそうですが、同室の(地方に散らばる同期も研修期間は寮に居たので1部屋2名でした。)S君はカッコいいタイプで先輩社員の標的にされかなり飲まされ、部屋に帰ってゲーゲーと吐いたそうです。

しかし、T君は大学も東京で自炊をしていたので鍋を持っていたのですが、そこに吐かれてしまったとの事。

その鍋は今でもT君のお家にあり、未だ使用しているのを今まさに思い出したそうです。

・・・・・・・??




そして入社式当日、寮組みは立っているのも辛い!

それから2年後の事です。事件はおきました。

その年の寮の新入生は飲みっぷりがとてもよく、凄いもののようだったのですが、入社式についにひとり倒れたそうです。

あまりの酒くささに社長が理由を聞くと、かくかくしかじか・・・・。

前日の洗礼は無くなりました。




そして楽しい研修会。場所は代々木体育館。

我社は男だけ。

研修中は他の会社もおるし、外人が宿泊に使ったり、ひとはいっぱい、女性もいっぱいました。

そして、我社は男のみ。

誰かが「この研修中に何人の女と話せるか?競争だ!!」

って言ってまじめにみんながんばってました。

T君曰く、たいへんな会社に入ってしまった。既に競争が始まっているんだ!理系大学だった為にその当時女性に触れる機会が少ないT君には女性と話すことはかなり大変だったそうです。




研修中におとなしい目のA君と仲良くなたのですが、風呂へ行くとき、いきなり通りすがりの外人の若い女性に英語で話しかけておるのを見て、大学時代英語や語学の不得意だったT君は絶望を感じたそうです。




そんなこんなで研修も最終日、場所は九十九里に移動、42.195kmの砂浜マラソンは本当に実行され朝早くから皆が走り(歩き)終る夕方まで決行されたそうです。

この話には続きがあるのですがそれは後日として・・・。





1週間の研修が終わり本社へ8日朝に移動(7日は九十九里の民宿で人事課から接待を受けたそうです。接待に力を入れる会社なんです。)配属が言い渡される事になりました。

厳つい・タバコを吹きかけた人事の方は既に退社され(やめたそうです。)新しい人事課長より辞令交付を受ける事となりました。





「T君:営業職」


???なんで???


理系出身で技術希望で東芝とか日立とか子会社だけどそれ系を断って来たのに!!!

理系大学といったら技術職かSEとかでしょ?なんで営業なの?人と話すの嫌いだし!!





あとで聞いた話だそうですが、入社試験の適性検査が全てで、技術の適正が無いほど馬鹿だったそうです。

新しい人事課長にはあとで「T君、一番成績悪いから仕方ないよ!でも会社も実験だって。理系の学生を営業に回したら何処まで売れるのか?専務がなんか面接の時思いついたらしいよ!」




そんな出だしで会社員Tの会社員サラリーマン生活は始まりました。


おしまい。続くかなぁ?


にほんブログ村 小説ブログ ノンフィクションへ
にほんブログ村




プロフィール

aikentetu

Author:aikentetu
愛犬てつの部屋へようこそ!

こっちにおいで愛犬てつ

こっちにおいで愛犬てつ

価格:6,825円(税込、送料別)


にほんブログ村 小説ブログ ホラー・怪奇小説へブログランキング・にほんブログ村へ
↑てつですがポチ応援よろぴく↑
FX運用ブログ
柴犬愛犬てつ3.0へGO!

環境充実
NEC Direct(NECダイレクト) 映画館で並ばずにチケットが買える! ENOTECA Mobile(ワイン通販 エノテカ・モバイル)【携帯向けサイト】  iTunes Store(Japan)
最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
小説・文学
2787位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
ホラー
8位
アクセスランキングを見る>>
楽天
RSSリンクの表示
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。